運動が続かない人におすすめ!読めば絶対運動がしたくなる本6選

・運動をはじめたい人
・はじめたけどなかなか運動が続かない人

運動は人生を変える。

大袈裟な表現に思うかもしれない。

しかし、ここで紹介する本を読めば、運動が人生にどれだけプラスの影響をもたらすかわかるはず!

運動をしない言い訳をする必要もなくなる。

私自身運動をはじめてから、様々なメリットを感じることがあります。

  • ストレスを感じにくくなった
  • 睡眠の質が上がった
  • 運動していない20代の頃より、運動をはじめた30代の方が体調が良い
  • タイムが上がるたび、成長を実感できる

こういった運動のメリット・楽しみを感じる前に、やめてしまう人はもったいない!

ここで紹介する本を読み進めていくと、絶対運動をしたくなるはず!!

運動が続かない人も運動がしたくなる!おすすめの本を6つ紹介します。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 運動をさせた子どもは成績が上がる
  • 運動すると5%も脳の神経成長因子が増える
  • 運動することでストレスやうつを抑えられる
  • 運動で5歳児のIQと言語能力には大きな差がでる
  • 運動する人は癌にかかりにくい
  • 運動を週2回以上続ければ認知症になる確率が半分になる

タイトルからわかる通り、運動は脳に良い影響しかない。

学習能力だけでなく、ストレス、不安、うつ、注意欠陥障害(ADHD)、女性ホルモンの変化、加齢などこれでもか!というほどの効果が示されています。

ウォーキング・ジョギング・ランニングなど、運動強度によって効果は変わってくるが、どんな運動であっても、脳には良い影響を与える。

まず、無理のない程度のウォーキングからはじめて見ることがおすすめ!

私もこの本を読んだことをきっかけに、ランニングをはじめました!

GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

脳を鍛えるには運動しかない!」の著者ジョン J. レイティが書いた本書。

タイトルにある通り、野生の力を取り戻すことで人類が本来あるべき姿にかえる。

糖尿病や高血圧といった文明社会が産んだ疾患は、先住民には見られないもの。

人は本来あるべき野生に帰ることで、自然治癒力・自己修復力を取り戻すことが出来る。

低炭水化物な食事、十分な睡眠、自然との触れあいがある野性的な暮らしにかえることが、人類の正しい姿。

ただ、体の赴くままに自然を駆け回る!
体が持つ本来の力を引き出す。

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”

著者のクリストファー・マクドゥーガルは、メキシコの奥地に暮らす、世界で最も偉大な長距離ランナータラウマラ族と出会う。

彼らは、廃タイヤでつくったワラーチと呼ばれるサンダルで何百キロという道を走破してしまう。

その姿から、「人類は走るために生まれた」ということを教えてくれる。

19歳を振り出しとして、ランナーたちは毎年早くなり、27歳でピークに達する。27歳を過ぎると、タイムは落ち始める。では、19歳の時と同じスピードに戻るのは何歳のときか?答えは64歳!

人間の身体は、明らかに長距離を走り続けるために設計されている。

年をとるから走るのをやめるのではなく、走るのをやめるから年をとるのだ。

このような内容を読んで、衝撃を受けた!

私も30代になり、体力的には老化していく年齢だと思っていた。

さらには気持ちも老化していることに気づいた。

走ることをやめた時、体だけでなく心も老化していくのだろう。

死ぬまで走り続けていたい。

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

著者のスコット・ジュレクは世界的に有名なウルトラランナー。
「BORN TO RUN」でも、タラウラマ族との壮絶なレースの様子が描かれている。

なぜ、彼は険しいウルトラランニングの世界で活躍できるのか?
彼の人生の中に答えがある。

ウルトラランニングは、辛く苦しい時間がずっと続く。
著者のスコット・ジュレクの人生も、まさにそうだ。
子供時代からひ弱でさらに高血圧からも、医師から薬を処方される。また幼少期に母親が「多発性硬化症」という難病になり、経済的にも精神的にも苦しい子供時代を送ってきた。
その経験が200キロ以上、さらに気温40℃を超えるレースも耐えられる、精神的強さを培ってきたのだろう。

彼は過酷な人生を選んで生まれてきた。
その人生で、得られたもの。
どんな環境であっても、ただ前に進む意志であり、人が持つ本当の「強さ」である。
「私は今この瞬間を精一杯生きているのか?」
走ることから、生きることを考えさせられる。

一流の頭脳

科学的根拠に基づいて、運動の重要性をこれでもか!というほどに述べられている。

脳は、身体を活発に動かすとドーパミンを放出して気分が爽快になるようにプログラムされている。

狩猟採集民の時から人類の脳は、1万年前からほとんど進化していない。

狩りを行う時、獲物が疲れ果てるまで追い回す。

狩猟の間も脳には快楽ホルモンが分泌され、生存確率を高めてきた。

走り続けると気分がよくなるのは、人間に組み込まれた本能。

運動により、脳をアップデート、様々な効果が期待できる。

  • ストレス耐性がつく
  • 集中力の向上
  • うつ症状にも効果あり
  • 記憶力の向上

脳を何歳からでもアップデートできる!
運動をしない理由がない!

スタンフォード式人生を変える運動の科学

『スタンフォードの自分を変える教室』で有名なケリー・マクゴニガルの著書。

本書の内容を要約すると「運動は人を幸福に導く」ということ。

運動がもたらす心理的効果は「幸福ホルモン」と呼ばれるエンドルフィンによる高揚感だけではない。運動によって、ほかにも多くの脳内化学物質が活性化するため、エネルギーが湧き、不安が和らぎ、人との絆が深まるなど、さまざまな効果が得られる。

ウォーキング、ランニング、水泳、ダンス、サイクリング、ヨガなど、運動にも様々あるが、そのどれもが幸せにつながる。

体をよく動かす人たちは、幸福感や人生に対する満足度が高くなる。

体を動かすことは、生きることそのもの。

まとめ

ランニングしたくないなぁ、、という時はこういった本を読むとモチベーションが上がります!

そんな気分の時でも、いざ運動をはじめると、脳内ホルモンがドバドバと分泌しはじめて、気分がhigh↑になります笑

kindle本の読み上げ機能を利用すると、運動中にも読書をすることができます。

こちらの記事も参考にしてみてください!

本を読む時間がない人必見!Alexa(アレクサ)のkindle本読み上げ機能が便利すぎる!

  • SOELU(ソエル)
    5

    ●トライアル30日間100円から始められる
    ●月額2,178円(税込)から利用できる(スタンダードプラン月8回利用可能)
    ●早朝5時台から24時まで好きな時間に利用可能
    ●200名のインストラクターが在籍!100種類以上のレッスンから選べる
    ●Zoomを利用せず独自のオンラインシステムを利用

  • うちヨガ+
    4.5

    ●総合満足度No.1のホットヨガスタジオLAVAが運営
    ●LAVA会員ならお得に利用できる
    ●3000人近く在籍するLAVAの中でもトップインストラクターのレッスンを受講できる

  • UNDER THE LIGHT(アンダーザライト)
    4

    ●ヨガアライアンス認定校としてインストラクターが通うヨガスタジオ
    ●国内外の有名な講師陣による伝統的なヨガのレッスンを受けられる
    ●一週間2000円(税込)のお試しチケットで気軽に参加できる