「記憶想起」の”仕組み”と”訓練法”【梅干し理論の応用】